子供の身長を伸ばすのに必要な食事とは

子供の身長を伸ばすために必要な栄養素

子供の身長を伸ばすのには、食事の栄養面がとても大切になります。1つだけの食材を食べるような、偏りのある食べ方ではなく、栄養のバランスが重要になります。背を伸ばすためには、いくつかの栄養素が最も重要になります。それはタンパク質とビタミンD、ほかにはカルシウムとマグネシウムの栄養素です。骨のベースを作り上げているのは、コラーゲンなどのタンパク質です。ベースに、リンやカルシウムがプラスされることで、丈夫で硬い骨になります。骨の弾力性を調整して、骨を健やかな状態で維持できるのは、マグネシウムの栄養の作用です。小腸でのカルシウム吸収を促すのは、ビタミンDの働きです。骨が丈夫で健やかに成長をしていくには、あらゆる栄養素の掛け合わせで成り立ちます。好きなものばかり食べていると、栄養は偏りがちになりますので、骨のためにも良い栄養を食事メニューには取り入れましょう。ほかのビタミンや葉酸、マンガンや銅などの成分も味方になります。

身長をアップするための食材

子供の身長を伸ばすのに、食事では使う食材に意識を向けましょう。背は伸びるのは骨の成長ですから、良質なカルシウムは欠かすことができません。骨を強固なものへと帰るのが、カルシウムの栄養成分です。チーズや牛乳などの乳製品にも多いですし、干し海老やしらす干しなどの解散物にも、カルシウムはたくさん含まれています。胡麻や油揚げの大豆食品にも、カルシウムはたっぷりです。カルシウムとのよいバランスで、マグネシウムの栄養も食材から摂取しましょう。マグネシウムをたくさん含むのは、牡蠣やインゲン豆に大豆、落花生や木綿豆腐にも豊富なものです。プロテインであるタンパク質は、筋肉や骨の材料です。さんまやクルマエビなどの魚類にも多いですし、豆類に卵に乳製品にも豊富です。タンパク質を十分に食事から摂取すると、睡眠時の成長ホルモンもたくさん分泌をしやすくなります。お肉にもタンパク質は多いので、豚肉や鶏肉、牛肉なども食べることができます。