子供の年齢別の身長と体重の平均値

子供の平均身長と体重について

小学生の子供の平均身長と体重はどれくらいでしょうか。男の子と女の子でわけて見ていきましょう。男の子の平均をみると

6歳で116センチ・21キロ、

7歳で122センチ・24キロ、

8歳で128センチ・27キロ、

9歳で133センチ・30キロ、

10歳で138センチ・34キロ、

11歳で145センチ・38キロになります。

女の子は、6歳で115センチ・20キロ、

7歳で121センチ・23キロ、

8歳で127センチ・26キロ、

9歳で133センチ29キロ、

10歳で140センチ・34キロ、

そして11歳で146センチ・39キロになります。

男の子と女の子は、低学年では、男の子の方が大きくなりますが、高学年になるにつれて女の子の方が大きくなる傾向があります。中学生ぐらいになると再び男の子の方が大きくなるという傾向があります。これは、女の子の方が思春期が早いからという理由によるものです。男の子の思春期は遅く、そのため体の大きさだけでなく、それ以外の面でも違いが生じます。

子供の体を大きくするには

自分の子が平均と比較して小さいと分かった場合には、心配になるはずです。ですが、それは取り越し苦労であることが分かるでしょう。なぜなら、身長と体重は増やすことができるからです。このうち身長は、18歳から20歳ぐらいまでしか伸びませんので、事前に背を高くする方法を知っておく必要があります。

一番基本となるのは、運動と食事になります。運動は特別に習い事をさせる必要はありませんが、全身を動かす運動をすることで、体の各部分が活性化していき、大きくなっていきます。ただ、あまり筋肉を付けすぎてはいけません。筋肉が発達しすぎると、骨が伸びるのを阻害してしまうため、体の成長が止まってしまいます。

一方、食事をコントロールすることで、背丈や体重を変えることが必要です。背を伸す場合には、タンパク質を摂取することが大事です。タンパク質は骨を成長させる働きがあるからです。この点、カルシウムも骨を頑丈にするという意味で大事になります。