親の身長から子供の身長を予測する

子供がまだ小さいとき、将来の身長を予測することができます。その方法は親の背の高さから求めることが可能です。基本的に、お父さんとお母さんの背の高さを足して2で割ることで求められます。

子供の身長を予測する方法とは

子供がまだ小さいときに、この子は将来どれぐらいの背の高さになるのだろうと考えたことがある人は多いのではないでしょうか。子供の身長は遺伝による影響がありますので、両親の背の高さを見ると、おおよそ予測がつきます。よく、背の高い子の両親は背が高いことがあるでしょう。逆に背が低いことも遺伝するのです。

では、どのように予測をしたらいいでしょうか。これには計算式があります。まず、男の子の場合は、お父さんの背の高さ+お母さんの背の高さ+13をして、2で割ります。その答えに2を足せば予想ができます。一方、女の子の場合は、お父さんの背の高さ+お母さんの背の高さ-13をして、その答えを2で割り、最後に2をプラスすれば求められます。

このように、ちょっとだけ複雑な計算式を用いれば、あっという間に子の将来の背の高さを求めることができるのです。
ただ、実際には、遺伝は将来の身長に2割から3割ぐらいしか影響を与えないのです。

背を伸すには生活習慣が大事

背を伸すためには、遺伝も重要ですが、それ以外には生活習慣や食生活が重要になります。背の伸びにくい子供は、栄養が足りていない可能性があります。ただ、今の日本においては、戦時中のような「食べたくても食べるものがない」という状態は考えにくく、必要な栄養を与えていない可能性があります。

スナック菓子ばかり食べている子や、肉ばかり食べている子の場合は背が伸びにくいという問題点があります。
また、小さいうちから筋肉を付けすぎると筋肉が骨の成長を邪魔してしまい、なかなか身長が伸びないことが考えられます。体操選手は背の小さい選手が多いですが、子供の頃から鍛えすぎたという理由が考えられるでしょう。

それ以外にも、たばこを小学生や中学生のうちから吸っていると、身長に大きく影響をします。

背を伸す為には、積極的に背を伸すことを考える必要があります。カルシウムはできるだけ多くとることで、背が伸びていきます。また、適度な運動も必要です。