子供が背が低いという理由でいじめられるのを回避するには

子供が背が低いという理由でいじめられるのを回避する方法として、身長など気にならないほど勉強ができるようにすることがひとつです。世の中は小さな頃から、勉強ができる人が強いです。

子供の身長の低さよりも勉強を優先に

子供が背が低いという理由は、子供にとって恰好のいじめの要素となりやすいです。しかし回避するには、本人の努力次第で黙らせることはできます。背が低いのは幼い心には辛いでしょうが、まずは親が完全ある味方となり、成長期はまだ伸びることを話してさとしましょう。

その上で世の中の仕組みの一つとして、いじめるものたちよりも秀でることで、弱者を寄せ付けない強さを身に付けることを、幼い人たちには教えてあげるべきです。いくらキッズといえども、勉強の出来る人にはそのうちに何も言えなくなります。特に世の中の男性は勉強ができないのは致命的であり、それは大人はもちろんのこと、小さな頃から本能的にも知っていることです。

背はこれから伸びる可能性がありますが、勉強をして知性をつけることは、早い時期からやっておかなければ間に合いません。いじめに勤しむ低い周囲はい手にしないで、徹底して勉強をして差をつけることです。

明るく強く味方も付けること

子供が背が低い事でいじめられるのは、賢く振るまい回避することは可能です。方法として本人としても身長は気にするとしても、まずは明るく大きな声で挨拶をするとこ、誰とでも元気に付き合うことです。弱金あって小さな声を出していたり、おどおどしてはいけません。

怖いもの無しでとにかく堂々としていること、明るくしていることです。そのうえで、自分の味方をつくっておくことを忘れないことです。人間は元気な人が好きであり、小さな声でぼそぼそ喋ったり、弱い態度を見せると、集団で攻撃を仕掛けてはストレスの発散をするというのは、とてもよくある話です。

それは大人社会ではもちろんのこと、キッズ立ちの世界でも大人を見て育つので、同じことをやっています。だからこそ、身長などは気にならないくらい、元気に振る舞いながら、できるだけの人数を自分の味方につけることです。周りの人間の8割は日和見菌みたいなものですから、自分の味方のるけることです。